お金を借りる注意点

カードローンのご利用こちらをご覧ください。

 

無利息機関に関する注意点

カードローンを利用した場合、利用額や利用期間に関わらず、利息が付きます。

 

1万円を数日間借り入れた場合であっても、利息は付きます。

 

低金利のところで借り入れると、利息も少額となりますが、利息がゼロということはありません。

 

銀行や消費者金融では、この利息で利益を得ています。
しかし、大手の消費者金融では、顧客獲得のために無利息期間をもける所が多くなっています。

 

大手の消費者金融では、初回利用時に限り30日間の無利息期間を設けているところがあります。

 

また、何度借り入れても、借り入れから1週間の間は利息を付けないところもあります。

 

さらに、無利息期間中に全額返済すると、さらに1週間の無利息機関が付くところもあります。

 

それから、一定の金額以上借り入れると、無利息期間を延長できるサービスを提供している消費者金融もあります。

 

そして、無利息でお金を借りるには、初回利用時限定、キャンペーン期間中のみ、インターネット申し込みの場合のみ、などの条件が課されていることが多くなっています。
お金を借りてもすぐに返せるあてがある方には、この無利息サービスは非常に魅力的なものとなっています。

 

ただし、この無利息期間内に返済できなければ、当然、利息が付いてしまいます。

 

中には、無利息期間が過ぎると、通常よりも高い利息が付く場合もあるため、事前に返済が遅れた場合の利息について確認しておく必要があります。

 

この無利息期間内に返済できなかった場合、無利息期間終了から返済日までの期間の利息を取られるのでしたら、誰でも納得がいくでしょう。

 

しかし、無利息期間内に返済できなかった場合、契約日からの利息を取るところもあるとのことです。

 

この場合、不快な気分を味わうことになりますので、事前に「無利息期間に返済できなかった場合の遅延金はいくらになるのか」、「その場合、利息が適用される期間」について事前に問い合わせておくようにしましょう。

 

無利息期間があると、非常に魅力的に感じますが、万が一返せない場合、逆に損をしてしまうことがありますので注意が必要です。

 

金利で選ぶなら、どのカードローンがおすすめ?

 

数あるカードローン会社の中で、最も金利がお得なのはどのカードローンでしょうか?
今回は、金利の面でメリットの高いローン商品について勉強したいと思います。

 

まず、カードローン商品は大きく3つに分ける事が可能です。
信販会社の発行するカードローン、そして銀行が貸し付ける「銀行カードローン」そして、最後は消費者金融が貸し付けを行う「消費者金融系、カードローン」の三種類です。
これらの違いは金利の高低だけでなく、商品・サービスの内容、そして、金融機関で用いられるルールに関係する事にも影響を与えています…。

 

まず、銀行カードローンは全ての中でもピカイチの低金利を誇ります。
また、銀行が提供するカードローンは、大抵どこでも金利が低い事が特徴となっているのです。
この為、何が何でも「銀行で借りたい」「銀行でローンを組みたい」という人が圧倒的に多いのが特徴です。
その上、総量規制の対象外となっているので、年収の1/3を超える借入があっても、安心する事が出来ます。

 

次に人気が高いのは、信販会社のカードローン商品です。
大口融資を得意とし、金利も銀行並みに低金利で設定されています。
また、非常に信頼度の高い印象を持たれているので、安心して利用する人が多いのが特徴です。

 

このような分類によって分かるのは、低金利で借りたい人は、銀行で借入をするという事です。
そして、大口融資を規模する人の場合は、信販会社を利用する傾向にあります。
最後に、融資の実施を急いでいる方は、スピード審査が得意な「消費者金融系カードローン」で申し込む傾向にあるという事なのです…。

 

こうした違いによって、カードローンも住み分けや使い分けが行われています。
また、審査に不安を感じる方の場合は、審査が緩やかな「消費者金融系カードローン」に申し込む事が殆どです。

 

また各社の商品サービスで毎月の返済額を減らせて低金利で利用できるおまとめローンも扱ってますのご覧ください。

 

さて皆さんは、どのカードローンがお好みでしょうか?